金沢市のある石川県ってどんなとこ?

…金沢県?…石川県?一体どこにあるの?と思われる方もいるでしょう。あるいは、それ以前に金沢は石川県にあるの!?と驚かれる方もいるのでは?大丈夫!!そんなあなたのために、石川県がどんなところでどこにあるのか分かりやすくお教えいたします。
金沢市がある石川県は日本列島の完全に中心にある突き出た半島にあり、日本海に面しているので海の幸がとても豊富(回転寿司でも十分美味い)。
また、やっぱり日本列島の完全に中心にあるので関西・関東圏にもアクセスがしやすく(2014年、金沢-東京間新幹線開通予定)、さらには日本列島の中心にあるにも関わらず、雄大な自然に囲まれているのでレジャーには事欠きません
そんな、制作活動を行うのに最適な場所”石川県”の良さを、我がグランゼーラ革命戦士の日常生活に沿ってご紹介いたします。

10畳4万?駐車場4千円!?

写真撮影のため、徹夜で片づけた革命戦士Rの部屋。

例えば、金沢周辺では10畳の1Kマンションに4万円程度で住め、近くで何でもそろい、家族や友達と遊ぶこともある、クラスにはとても適した所です。アクセスには主に車を使うことになりますが、月極4000円程度の安い駐車場と走りやすい道路で、快適なドライブも楽しめます。
日本のど真ん中にあるにも関わらず、この安さ。東名阪それぞれにアクセスもしやすく、ちょっと週末に遊びに行く…なんて事も可能です。


激安海鮮と美味しい地酒で彩る食卓

日本海に広く面した石川県は魚介類が非常に豊富。ふと夜のスーパーに足を運べば、新鮮な魚が目を疑うほどの価格で売られています。サーモン、マグロ、ハタチ、タイが乗った、写真の豪華な海鮮丼もなんと200円!
石川の地酒とともに優雅な食事が楽しめ、あなたの食文化もきっと変わります。

革命戦士Rのお手製海鮮丼(¥200)。
頼まれてもいない石川の地酒「手取川」まである。

会社帰り、ザックを車に積んでそのまま登山へ

登山に初挑戦した革命戦士Kが撮ってきた、
まるで桃源郷のような白山の朝。

雄大な自然に囲まれた石川県には、国立公園や多くの歴史的文化財が残っています。
冬は会社帰りにスノボーの板を車に積んでナイター、夏はサーフボードを積んで帰りにサーフィン、春・秋はザックを積んでそのまま登山など、レジャーするにはとても最適なところです。社内にも、車の後部座席にテントや寝袋、薪などのアウトドア用品をいつも積んでいるレジャー好きがいたりします。(写真撮影者Kがその一人)